ニトリ通販カタログ

独自の見解でニトリの商品レビューしたり、選び方のコツを紹介している、 ニトリ通販のレビューサイトです。

ベッドルーム・寝室 寝具 冷却ジェルパッド 部屋タイプ

冷却ジェルパッドのクチコミ ~性能・選び方、本当にエアコンは不要?

参考までに…私の経験です。
テレビの通販でヒットしたのをきっかけに夏の寝具としておなじみになりつつある冷却ジェル敷きパッド。
冷却ジェルパッド、クール敷きパッドなど、色々な名前がありますが、その性能と、各サイズからどれを選んだらよいか?
そのコツを実体験を元に紹介します。

冷却パッドのサイズと選び方

私はニトリの冷却ジェルパッド(セミシングル 90x140cm)を使っています。
購入時に、もっと大きなサイズを買って見ようかとも思ったのですが、
これが座ってみるとけっこう冷えたのでこのサイズにしました。

まずは軽い気持ちで、シーツの下に敷いて使用。
これはとても涼しい、たしかにエアコン不要。
30分くらいで温くなってきますが、適当に寝返りうったり、ごろごろしているとパッドのひんやり感は戻ってくるので、十分使えます。

しかしこのまま寝たら、翌朝冷えすぎた。
コンクリートの上に寝たかのように背中が、腰が冷えすぎて体の重い1日となった。
さすがに冷却パッドの上に薄いシーツだけというのは冷えすぎです。

その後、敷きパッドはバスタオル程度の厚さを使用。
これ以上厚いと、ひんやり感が鈍りそうだし、厚目の敷きパッドを新たに用意するのも面倒だったのでこのまま使用。
しかしこの状態で、冷却ジェルパッドを背中に敷くと、相変わらず冷えすぎるので、寝るときは、冷却パッドは太ももから下にだけ敷く。
これだとパッドが放熱しやすく、冷やしすぎても足だけなのでダメージは少なくて済みます。
暑い夜は、少しエアコンをつけたり、扇風機を使ったりしますが電気代はかなり節約できます。

そんなわけで、フルサイズの冷却ジェルパッドを使う場合は、敷きパッドにも十分注意したい。たぶん個人差があるので一度、枕用の冷却シートで試したほうが良いかもしれない。
使いこなせば最強で、まさにエアコン要らずだと思います。

どのサイズにしろ、夏はかなり使えるアイテムです。
寝るときだけでなく、座布団のように使っても良い。
エアコンも確実に弱くできるし、扇風機で十分かも知れない。
一度買えば長く使えるので経済的で、省エネにもなります。

最終更新:

関連記事

no image

ニトリのロフトベッド ~スペースを有効活用、ワンルームや子供部屋に!

ロフトベッドはベッドの下の空間を活かせるので、一人暮らしのワンルームマンションや子供部屋などで上手に使うと、お部屋を広く使うことが出来ます。

no image

ニトリの防音カーテン

防音カーテンは、外からの騒音や、部屋から出る音を遮断する効果があります。赤ちゃんの泣き声や夜中の生活音も軽減してくれますし、外からの音もカットするため、家の近くを通る車や電車の音にお悩みの方にもオススメです。

no image

ニトリのパイプベッド

ニトリのパイプベッドは、どんな部屋にでも似合うシンプルなデザイン。
メッシュタイプで通気性がよいので、マットレスのムレを上手に逃がします。
下には収納ケースなどを入れられるので、スペースが無駄になりません。

no image

ニトリの2枚合せ羽毛布団 ~さらに快適、羽毛いっぱいダウン80%

2枚合わせ羽毛布団は春と秋は合掛け1枚、夏は肌掛け1枚で、ちょうどよいぬくもり。
冬には2枚を合わせて、あったかい眠りをお楽しみいただけます。

no image

ニトリのカウチソファー ~ゆったりくつろぐには最高のソファ

カウチソファーは、休日に自宅でくつろぐためのソファーです。
L字型のソファですが、コーナーソファと違いサイドの1つだけが、ベッドのように長く足を伸ばすことができます。